あいぴーblog

あいぴーの徒然なるままに

個別指導塾

個別指導塾の学生講師に求めるもの【根本+英語】

学生のアルバイト講師に求める能力について、ちょっと書いてみようと思う。 まず、教科指導以前の、根本的な部分について、私が考える最低限の要素を列挙してみる。当然、教室によって、また塾のブランドによって求めるものは変わってくるだろう。 笑顔で他…

「中学生の数学」補足

昨日の記事の続きというか補足。 ip-honpo.hatenablog.jp ここでいう「中学生の数学」とはすなわち公立中学校における数学のことであり、高校受験に向けて、という形になる。 個別指導塾では、たとえば偏差値45くらいの生徒が50くらいが基準となる高校に進学…

「中学生の数学」

あ、ちなみにここで言う個別指導塾とは「完全マンツーマン」ではなく、よくCMなどで見る講師1名に対し生徒2~3名で授業が行われるものと考えてもらいたい。 個別指導塾で一番需要が多い教科はなにか? 地域性や生徒の在籍比にもよるが、だいたいは「中学生の…

個別指導塾の給料よもやま話

私は全国展開している個別指導塾のフランチャイズで雇われ教室長を何年か(特定防止措置)やっていたのだが、まあとにかく給料が上がらない仕事である(笑。 私自身は同じ職種の中でもそれなりに貰っていたほうらしいのだが、それでもなお年齢的には平均年収…

教室長のお仕事~掃除編~

私は生来、整理整頓が苦手で、ずっと特性として逃げてきている面もあるのだが、掃除については結構真面目にやっていたとは思う。 生徒の使う机と椅子はもちろんのこと、一番大事なのはトイレだ。トイレが整っているかどうかは教室の評価そのものを決めると言…

教室長のお仕事~お金編~

個別指導塾の教室長をしていたときに、業務の一つとして行っていたのが、各ご家庭への授業料等請求、および講師の給与明細作成である。(そこ、当たり前じゃんとか言わないように) 料金請求は原則としてミスをしてはいけない業務だ。お金にだらしないのは決…

引き受けられない生徒

自分の塾で引き受けられない生徒、というのは存在する。 個別指導塾において、「担当できる講師がいない」という場合は基本的には引き受けることができない。実際に受け入れるかどうかは別として。 たとえば私の前職の教室では、高校生の理科全般、地理と公…

個別指導塾の講習は高いのか考察 Part4

前回までの続き。 さて、前回のモデルケースにおいて夏期講習でどれくらいの授業を組むか。私の前職がバレるとアレなので、とりあえず「全て個別授業(1コマ90分、講師1:生徒2)パターン」で考えてみる(チェーンによって時間やシステムが結構異なるため)…

個別指導塾の講習は高いのか考察 Part3

続き。 千葉県で例をひとつ。 中3の6月Sもぎ5教科で偏差値40前後。5教科の得点力は100〜180点くらい。内申点は推定75前後。特筆事項は特になし。志望校は柏陵高校。学校独自検査は部活の実技でなく口頭自己表現と面接で受験。通塾経験はなし。部活動引退後か…

個別指導塾の講習は高いのか考察 Part2

前回の続き。 個別指導塾の講習は往々にして「コマ数を増やす」という方向で組み立てることになる。 中3の5教科を夏休みに満遍なく授業でやるには純粋に何コマ必要か、というのを計算していくことになるのだが、まぁ昔は各教科20コマとか提案をしていたわけ…

個別指導塾の講習は高いのか考察 Part1

個別指導塾の講習料金がバカ高い、というのはもはや風物詩なのだが、本当に高いのか、というのを考えてみたい。 個別指導塾の夏期講習、私の場合、中3は大体通常授業料とは別に15万円前後になるように調整をする。通常料金と合わせて20万円を切るくらいだろ…