あいぴーblog

あいぴーの徒然なるままに

個別指導塾の講習は高いのか考察 Part2

前回の続き。

 

個別指導塾の講習は往々にして「コマ数を増やす」という方向で組み立てることになる。

 

中3の5教科を夏休みに満遍なく授業でやるには純粋に何コマ必要か、というのを計算していくことになるのだが、まぁ昔は各教科20コマとか提案をしていたわけだ。5教科で100コマ。10コマで3800円として、38万円というところか。現実的には高すぎるので、大体は国語と理科と社会を犠牲にし、各10コマ程度まで減らして計70コマで26〜7万くらいになるだろうか。

 

こんなのは昔の話で、大抵のところは今では高くても20万いかないようにしていると思う。ただ、この方式の場合、金額を抑えるということはすなわち授業数を削るということになり、当人がどれだけ自分で勉強できるか、というところにかかっている。

仮に中3の夏期講習手前から入塾してきた、とすると、そういう勉強姿勢が仕込まれていないことがほとんどである(仕込まれているなら元々けっこうな成績帯にいる)。自分でやりましょう、がうまく回らないのはむしろ当たり前なので、結局はある程度授業を積まざるを得ない。と言っても、25万だの30万だのを提案することを肯定するわけではないが。その辺はまた次回以降に。

 

ただ問題があって、小学生や中1あたりから通塾しているならある程度勉強姿勢は作れていてほしいところなのだが、ここもまた色々とあるのですね。

 

本日はこれから大事なおしごとなのでまた次回に。。。(当面は時間を確保できないとこんな感じになります)