あいぴーblog

あいぴーの徒然なるままに

子育て

妻の妊娠が判明してから決めたことがある。

 

就学前まで、なるべく親が面倒を見れるようにする、という点だ。

 

この方針に沿って、会社勤めを辞めることにした(極端)。育児休暇なるものは就業規則には載っているが、まず認められることはあるまいというのがそこまで勤務してきての感覚(認めないのは違法なのだが、「法などない」と言われている過去がある)。ならば会社を辞めても稼げるように、という方向性で動けるようにしたのである。具体的には、妻の仕事に合わせて時間を確保できるように仕事ができる環境構築という点を優先したのである。

 

手間のかかることはできる限り頑張らない、ということも決めた。

例としてまずはお食事。混合で育てているが、ミルクはほほえみキューブで70~80度キープの電気ポット、液体ミルクを常備しておいて体力的につらい時には注ぐだけ、という形を取れるようにしている。また、哺乳瓶はレンジ消毒と消毒液の二段構えでサクッと消毒できるようにしてある(普段は消毒液に漬け込むだけ)。

親が少しでも余裕を持てるように、というのが大切だというのは今まさに実感しているところだ。

あとは買い物だなぁ……掃除はロボットにある程度頑張ってもらうとして、持ってきてもらう系でなるべく買い物は捌きたい。食品系以外はだいぶAmazon楽天なんだけど。いろいろ見ててそろそろ絞り込むかというところ。

このへんの設備投資や資金投入は仕事に回す時間を増やせるので結果的に収入増に繋げることも可能だから少し頑張りたい(仕事が増えるといいなぁ…笑)。

 

幼児教育については環境だけ整えて無理をしない、というところで落ち着きそうだ。絵本の読み聞かせたり、モー娘。のLIVEを流したり、いろいろおもちゃ系や語学系も揃えはする。目を流せば、手を伸ばせば触れられる、という状況にする。私が英語で話をするというのもあるだろう。科目的視点でいうと、技能4教科と呼ばれる部分を特に幼少期は色々やってあげたい気持ちが強い。語学はそれにプラスする程度かな。運動系が大切になるだろう。というか、根本的にはそれだけでもいいかもしれない。

まずは元気に育ってくれるのが一番。この業界にいると頭のよしあしやお勉強を気にしそうなものだが、実はある程度はあとに回してもなんとかなってしまう。元気があればなんでもできる、くらいの気持ちで。

いや他にも色々あるんだけど、とにかく健康面への気配りが第一。それは自分たちにも言えること。まぁ落ち着くまでの睡眠不足はどうしようもないけれど。とりあえず予防接種ラッシュを頑張らないとな……。

 

モー娘。の映像を見せすぎて父親みたいにドルヲタになられても大変なので、ほどほどにしてEテレを流しておこうか。笑