あいぴーblog

あいぴーの徒然なるままに

ロトのテーマに思う

私の親はゲームを買い与えてくれることはほとんどなかった。

ファミコンはおそらく母が自分でやる目的で買ったのだろう、物心ついた時にはすでにそこにあった。スーファミは近所の友達の家で見ていて、ちょっと経ってから自分のお年玉を使って買った。ゲームボーイはどうだったかな(これは中古を買ってくれたかもしれない)。プレステは小学校の時に発売されたが、確か買えたのは(自分で買うしかないので)中1くらいだったろうか。みんなプレステやってる頃、スーファミドラクエ6をやっていた記憶がある。

 

ファミコンではマリオやファミスタ、麻雀など(小学生の時から麻雀ができていたのはこれのせい)。ドラクエ2ミシシッピー殺人事件、ドラゴンボールのカードシリーズ、テトリスやインベーダーなどは相当にやり込んだ。外で遊ぶのは元々好きではなかったし、勉強をするタイプでもなかったので、大体学校から帰ったらゲームばかりである。スーファミは超サイヤ伝説、ドラクエ5・6・3。プレステはもうとにかく幻想水滸伝2。学校休んでやりこんでいた。

親が渋い顔をするのも分かろうというものだ。そういうサブカルチャーは犯罪者予備軍、くらいに思っていたような気もする。実際、そういう見方は世間的にも昔はあったわけで。

 

そう考えると、ゲームミュージック、特に自分が幼少期から親しんでいるテーマ曲が世界の舞台の大きな場面で流れたのは隔世の感がある。ただ嬉しいというだけでなく、なにかこう、心の底にストンとくるものがあったというか、感慨深さがあった。

 

まぁちょっとそんなことを思ったりもしたのである。