あいぴーblog

あいぴーの徒然なるままに

空間系の指導を見て

更新をサボる日があったら、それは体力的限界か体調不良のどちらかですのであしからず。

 

さて、空間系指導はどうか、ということで、最近信頼できる先生のところを見学させていただいた(思えば今の出講先も空間系指導だったような気がする…笑)。

 

空間系、とは、いわゆる「集団個別」と言われる形の指導で、詳細は以下を参照してください(手抜き)。

 

ip-honpo.hatenablog.jp

 

この形態の指導で実績を出されている優秀な先生のやりようを見させていただくことで、今後に資すると考えたのである。

 

大手個別指導塾(この先生の教室の隣にも見知った全国チェーン塾がある)での指導をいくつも見てきた身としては、この空間系指導はやはり可能性がある。高校受験においては偏差値65前後くらいまでは演習主体の学習になるから、四六時中講師が横に張り付く必要はない。解く姿勢、目線の動かし方などの解いている様子については張り付いていないと本当にはわからない部分もあるが、常に俯瞰して様子を伺いつつ解いたものを見ればある程度は確信を持って分かる(これは講師の経験と能力による)。

つまり、優秀な先生が回すのであれば十二分の指導効果が出る。さらに人件費は相当に浮くわけで、月謝を抑えつつ多くの演習時間を確保することが可能だ(同じ料金でも、大手個別チェーンの2倍以上の時間は取れる)。自分で勉強できるように、というのは指導の目標となる部分であり、もちろん先生が横に張り付く個別指導であれ、集団形式の授業であれ、このような空間系の指導であれ同じところを目指しているのだが、そこに至るまではそう簡単なものではない。何年もかかるのが普通であり、自覚的に勉強するようになったとして、それが「勉強になっているか」という点も気をつけなければならない。そうなると、大半の生徒にとっては塾という場で勉強に取り組む時間は多ければ多いほど得である。優秀な先生であれば、最初は徹底管理、そこから徐々に自主的に、そして先生の手を離れていく、という筋書きで指導をうまいことできる。

さらに、ただの質問対応だけでなく、指導側が引っ張る形式で授業なども挟める。単元の導入、リスニングとスピーキング、国語はマンツーマンの問答もできる。このへんは講師の力量次第なところもあるだろうが、必要なときに授業をし、必要なときに演習をつぎ込む。こういう自由が利くのは大きい。そして生徒にとって本当に必要なのは「内容をプロが確認(管理)する大量の演習」である。自分で考えて自分で動かないうちは学力はつかないのだから。

 

で、見させていただいて、この先生はやはりうまい。

生徒の座り姿勢、鉛筆の持ち方、字の巧拙や書き込みの位置バランス、そして取り組んでいる内容を見れば、生徒の現在の学力や意欲、姿勢など多くの情報が得られる。勉強が苦手、ともすればなるべくなら勉強したくない、とも思っているかもという生徒を10人以上同時に指導して回っていて、臨機応変に対応なさっている。指導のレベルは非常に高く、これが広まったら人気殺到するのだろうなぁと思った(実際、開校半年もしていないのに、私の前職の教室より生徒は多い)。

こういう指導の場合、やはり事前準備がひとつ肝になるだろう。準備段階で誰が何をやるか、そしてそれに取り組むのならその子はどういう感じで進むだろうかと想定をする(当然それは想定通りにいかないことが多いわけだがそれでも想定しておくのが大切)。そしてきちんと準備をしておく。そしてただ取り組ませるだけではダメで、途中経過を踏まえつつ、きちんと確認のテストを行う。そして自分が見ている中での演習時間が大量に確保できることを活かして、次の日(だいたいは翌日なり翌々日)に同じ内容の確認をした上で次にも進める。反復学習を生徒任せにせず確認できるのが非常に大きい。

 

ま、この形の指導の問題点は上記で何度書いたか分からないがとにかく「優秀な先生」であることに尽きる。

誰にでもできる、というわけではないから、地域のあちこちに同じ形の塾を作ることができない。したがって、この指導形態の認知度自体が高くならない。自習と何が違うのか、というのが外からでは分かりにくい。

 

裏を返すと、こういう形態で指導を行っていてうまくいっている塾は高確率で優秀な先生がされているんだろうなぁと思う次第である。