あいぴーblog

あいぴーの徒然なるままに

オンライン指導の難しさ

このご時世、先の見通しが立たずになかなかに大変である。そもそも、9月以降順風満帆に学校は始まるのだろうか。その辺りからして怪しい空気が出てきている気がする。

 

大学受験生はまぁ学校の授業がどうであれ影響は大きくない(理科・社会はまだ終わっていない可能性が多々あるが、ここまできたらあと一息をなんとかかんとか始末すれば済む)。むしろ、影響が大きくないように学習できるようになっていることが受験の場で戦えるかどうかという力でもあるので、頑張ってもらえればいいのだが、義務教育中で高校受験を控えている中3はそうもいくまい。公立中学校ならまだ重たい単元が9月以降目白押しなことから、学校の授業がストップしてしまってはコトだ。

 

オンライン、というのは割と手軽に言われていることであるが、設備投資がそもそも大変、教員がツールを使いこなすのが大変という課題はあれど、そういうのは1年以上前から備えておけたはずなので、クリアしているとしよう(容易にクリアできる問題でないのは明らかで、無論、クリアされていないところが大半と見受けられるが)。

 

ただ、オンライン指導の肝は、指導する側ではなく、指導を受ける側の準備と意識である。

 

家庭のネット環境はどうか。例えば私の家では、仕事で使うというのもあるが、夫婦揃ってヘビーに回線を使うことからも高い金額をかけてぶっといのを引いている。こういう家庭ならまあいいのだが、マイノリティであることは自覚している。塾に通わせるくらいのご家庭であればまずWi-Fiは使えるのだが、速度や容量的な不安は絶えずつきまとう。ただし、これは金をかければ解決する問題だ。PCにしろタブレットにしろ、金をかければ解決する問題なので、まだなんとかなる(最悪、バラまけばいいのだから)。

最大の課題は生徒自身のオンラインに向かう意識であり姿勢だ。自分から積極的に動画授業を見て勉強できるような生徒ならそうそう心配は不要であるが、そういう生徒はごく一部だ。偏差値70を超えるような層でも、全員がそのように勉強できるわけではない。

実際の教室で、対面で、姿勢を正すところから、鉛筆の持ち方から指導しないといけない生徒はいる。さらに、これは感覚的な問題なのだが、どうも画面越しと直接隣にいるのでは、特に小学生には顕著なのだが生徒自身がだいぶ違う感触を持ってしまっているということだ。単なる慣れの問題なのかもしれないけれども。

また、そういう面で問題ないとしても、「勉強する場の空気」というのはお金を出してでも子供が勉強する上では重要なものだ。そもそも、子供が家で自発的に、また言われたくらい、見られているくらいで勉強できるのであれば、巷に溢れる学習塾の大部分は存在理由がなくなって潰れてしまうだろう。授業が一級品でも自習の生徒がくっちゃべってうるさい塾には通わせたくないように、「場」というのが、勉強に向かう上では重要になってくる。オンラインでは、先生が見ているという意味で「場」の一部分はあるが、いつもの空気というものはそこにはない。これが高校生や大学生ならなんとかせいやと思わなくもないが、実際は大人でも難しいものだろう(リモートワークが会社で仕事する以上に捗っている人は少数派であると思う。自覚があるかは分からないが、とても優秀な人だ)。小中学生には実際とても難しい。これは生徒を見てきて、去年色々試してみての実感である。

 

無論、ここまで述べてきた課題をどうにかしていくというのも必要なことである。今回の新型コロナにかかわらず、今後も疫病の類は出てくる可能性もあるし、日常的にもインフルエンザが蔓延する、台風や大雪で閉めざるを得ない、といったものは発生するのだから、代替策をよりベターな形でできるように作っておくのはリスク管理としては必須だ。

ただ、かなりの準備がいる。その準備を去年からしていればおそらくは大きな問題もなく、ある程度代替の役目は果たせるだろう。していない現場はかなり難しくなるかもと思う。

 

なお、多くの生徒は、という話なので、一部にはオンラインの方が性に合うという生徒もいるのだ。

塾などでは、そういう生徒にはどんどんそういうのを活用できるようにするのが時代にも合うと思うし、生徒にもよいことと思う。学校はシステム的にも個々に合わせた柔軟な対応はかなり大変だろうが、塾というのはその点合わせて動きやすい。その辺りのメリットをうまく活かしたいものである。