あいぴーblog

あいぴーの徒然なるままに

塾の掛け持ち

たまにいたのが(たまにと言っても、全体の2割強)、ほかの習い事、もしくはほかの塾との掛け持ちである。

 

まあ小学生は昨今習い事が多い。楽器系、スポーツ系、そろばんや英会話など、色々やっていて週5~6日くらい予定が埋まっていて、残りの日で塾も、という感じ。自分に子供ができると、あれこれやらせたくなる気持ちはよーく分かるが、理屈で考えるとあれこれスケジュールを埋めるのは好ましくない。難しいところだ。

さて、中学受験生でもない限り、小学生は「他に何かをやっている状態」で塾に通うことがほぼデフォルトとなる。国語や算数がすでに危険水域という状態であっても、あれこれ整理して勉強に時間をかけるのは難しいという感じである。先々のことを考えれば悪手になってしまうのは我々は多くの生徒を見ているから分かるが、実際親の立場としてはそこまで見通すのは難しい(上の子のときにうまくいかなくて、という方もけっこうおられた)。

習い事の多い小学生を塾で指導する、というのはそういう難しさを秘めている。決められた少ない時間で、いかに整えるか、そのあたりが問われる。無理なものは無理と言うしかないのだが、なるべく工夫を凝らしてみたいものだ。

 

逆に、受験するしないに関わらず、ある程度塾で時間を取れる場合はありがたい。のんびりと基礎学力を養うことができるし、時間が多く取れるのなら、いつも机に向かってガリ勉するのとも違うことができる。迂遠な道をあえて歩んでみたり、自分であれこれ試行錯誤してみたり、など。

 

おっと話が逸れた。

 

中学生くらいになると、塾の掛け持ちのパターンで多いのは「集団塾に行っていて、怪しげな科目を個別で」くらいがいくらかあるか。くもんなど通っていて、数学になったのを期に塾で数学を、くもんで引き続き英語を、なんていうパターンもいくらかあった。

 

さて、塾の掛け持ち、塾の先生としては、「別になんでもいい」という場合と、「全部うちでやってほしい」という場合のどちらもあり得る。先生のタイプや指導のタイプにもよる。

高校受験に向けて5教科トータルで指導する塾の場合は、おそらく圧倒的に後者のタイプが多いと思う(私もそう)。小学生や高校生は割とそういう掛け持ち系が功を奏することもあるが、中学生であれこれ掛け持つのは、時間や人間関係の面からあまり勧めたくないというのもある。

高校生は、科目の指導ができる先生が限られる。英語は英語の専門家へ、数学は数学の専門家へ、国語は国語の専門家へ、という感じがよいため、予備校のように各科目の専門家が揃っているところなら1箇所で済むが、現実問題としては色々と駆使することになるだろう。中学生の頃に通っていた塾の一教室で、大学受験の全科目にガッツリ対応できるというのはほとんどないはずだ。それができる塾をいくつも知っているからアレだが、一人の先生で全てまかないきれているところは本当に稀で、一教場でも何名かで分担しているのがほとんどである。

私の場合、小中学生はなんでもござい、高校生もまあよほどでなければなんでもございなのだが、理系の受験生なら他の先生の助力を頼むかな……という感じである。見て分からないわけではないが、理系科目をなんとかするために私自身が費やすコストが他を犠牲にしかねないため、英国社の科目に注力し、理系科目は怪物レベルの先生におまかせするのが最適になるのである。生徒にとってもそのほうがよい。

 

で、個人的には、個別指導塾の可能性がこの掛け持ちなのだ。

中学生にちょいちょいあるのが、「他で英語やってます、数学見てください」と来られるパターン。まずは数学からスタートする。定期的に英語も見る。今通っている他のところに対して気持ちを害さないように出来具合を報告する。これはデフォルトである。

いわゆる、セカンドオピニオン的な発想である。

医療に関してはだいぶ進んできた発想だが、塾(というよりも教育全般)についてはなかなか進んでいる感じがしない。どちらも、一つのものを盲信しないようにという点では共通していると思うのだけれど。

受講の自由度を上げ、価格を下げることで、そういう用途でも使える塾というのはいつか作ってみたいものである。